母とさくらとふう太郎との日々

パーキンソン病の母と癒しのねこたちとの悲喜こもごもの日々です。「母との日々」と「さくらとふう太郎」が合体しました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月頃の母

メモを取っていた母の様子を書いておこうかなと思います。


歩けなくなっていたので、膝で歩いたりして、また右膝がぶよぶよに腫れてきた。今までで一番すごい。
4月17日から入院してからは車いすなので、膝の腫れはすこしづつ引いて、今ではなんともなくなった。

右足首から先が外側に曲がってしまって、足の裏全体が床に平らにつかない。外側の方だけで支えるので、よけい立っていられなくなったようだ。曲がってきたのは、少しずつだったが、その間、主治医のT先生に言っても何の対処もなかった。


家にいるときは、もう毎日妄想ばっかりだった。
私が、仕事から帰ると毎日毎日いろんな人が来たと言っている。まともな話ができず、コミュニケーションがとれない。何をしても母は機嫌が悪い。何をしてあげたらいいかわからず、いらだつ私。

ある日は、帰ると転んで頭を打って血が出ていた。本人はそんな痛がらないので、包帯しておくだけで大丈夫だった。

帰るとベッドの下で固まっていたりすることが多くなってきた。朝もいつもは6時半にはネオドパストンをひとりで飲んで、ベッドの中で起きているのが、起こしに行くまで寝ていることが多くなった。薬も飲んでいない。声をかけてもぼーっとしている。

妄想の世界にずっといることが多い。




こんな毎日で、私の方は、新年度になり仕事の相方が代わり、その人ともいろいろあってストレスがまたたまってしまっていた。

3月くらいから全然元気が出なくてうつ状態で、人と会うのがとにかくおっくうで、仕事で予定を組まなければならないことも人と話さなければならないんだけど、できなくて後々にしてしまっていた。

ほんとにどうして?と思うんだけど、できないのだ。
仕事で、次やることがわからなくなるのだ。何から手を付けていいかわからないとかのもんだいではなくて。何をやったらいいのかぜんぜんわかならくなる。だから、いろんな関係書類などは出してきて、机の上におくのだが、それをどう処理していいかわからないので、ぐちゃぐちゃになってしまって。それを、どうしたらいいのかがわからない。

幸い、それをつっこむ人も周りにいないので、心のなかで焦っているのも知られないが、自分の中ではパニックになっている。

時々、そんなことが出てくるようになった。

とにかく、まずいとおもうのだ。自分でも、変だな・・・と思う。



なので、母も歩けないし、気持ちも通じないし、気持ちがすさんで、疲れてきていたので、入院して母が治療してくれると、私も休めるなと思うところもあった。



つづく・・・


にほんブログ村 介護ブログへ 久しぶりにランキング復帰へG0~!応援してね
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://cocoabears.blog56.fc2.com/tb.php/37-f6665fcb

Menu

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

プロフィール

little_toto

Author:little_toto
母:79才。パーキンソン病20年目。要介護3。
さくら:2002年3月5日生まれ。6才。5kg。ふう太郎に一歩譲るお姉さん。
ふう太郎:2002年3月5日生まれ。6才。7kg。天真爛漫のやさしいにゃんこ。
私(toto またはcocoabears):一人娘。父が亡くなり東京から介護のため戻り7年目。

今までのお客様

今いるお客様

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。